Member 2020.06.23

在宅パパの1日_第一弾_

佐藤 千晶

佐藤 千晶

ツイート シェア はてなブックマーク

こんにちは!人事の佐藤です。

D2C Rも在宅勤務が始まってから早4カ月。在宅勤務のアンケートに続き

在宅勤務中の2名のパパ社員に仕事と子育ての両立のリアルを聞いてみました!

パパたちの奮闘を是非ご覧ください。

 まず第一弾は育休ブログにも登場している取締役の戸倉です!

 

 ―在宅パパの1日のタイムスケジュールを教えてください!

―朝は大体7時頃起床して、朝食準備です。その後は妻と掃除洗濯など家事を一通りやったら、9時から私が2人の子どもを連れて毎朝近くの公園に散歩に行っています。朝の公園は人がほとんどいないので、必ず午前中に行くようにしています。あとは近くの畑で家庭菜園をしているのでそこで水やりなどを一緒にしてから帰宅して仕事スタートというのが毎朝の日課。午前から夕方まで育児と両立をしながら仕事を進めて、17時頃にもう一度子どもと散歩に行っています。そこから21時くらいまでは家族との時間を大切にしており、子どもが寝た21時以降に残りの仕事を片付けて就寝という感じです。―

 

▼朝の散歩風景   

▼家庭菜園水やり中

・・・ちょこんって座ってる。ぐあああああ可愛すぎる(/ω\)!!!!!!!!!

朝のルーティンはリフレッシュにもなるしいいですよね!

 

―ちなみにお子さんのご飯はどうしてますか?毎日家にいると献立を考えること自体大変そうですが・・・

―特にランチを考えるのが大変ですが、お昼は簡単なものを作ったり、デリバリーで済ませることもあります。時間がある時は、子どもと一緒にピザを作ってベランダで食べるなどの気分転換も意識的にするようにしてますね。あとはシャープの自動調理器はかなりおススメです!材料を入れてぽちっとするだけ料理ができるので育児と仕事の両立で時間がない中でいうと、とても時短になり助かっています。―

 ―お子さんの家遊びは何してますか?飽きさせない方法や集中してやってもらえる遊びの工夫などあれば教えてください!

―とにかくおもちゃをたくさん買いました。粘土、図鑑、ピタゴラスイッチ、鉄棒&ブランコ、ドリル、トミカなどなど。
やっぱりおもちゃがいっぱいあると飽きないですし、集中して静かにやってくれることもあるので、買っといてよかったなあと思います。あとは午前中に公園で遊ばせて、疲れさせて昼寝させたり、ベランダにプールを出したり。とにかく工夫しまくっています(笑)
それ以外でいうと、元々の習い事がオンラインに切り替わっているのでダンスレッスンや英会話のレッスンを受けさせています。
全部やり切ったらもう最終的にはTVでアニメ鑑賞です(笑)―

 

▼ベランダでお絵描き中

お昼ご飯から日中の遊びまで、奮闘している様子が目に浮かびますね・・!

 

―両立生活をしていく上で大変なこと、一番最初にぶつかった難しさなど教えてください。

―やっぱり困ったことは仕事中にぐずり出すことですかね。大事なMTGや面接中に泣いたり騒いだりされるともうどうにもできなくて。一瞬音声をミュート・画面をOFFにして、子どもをあやしたり、注意したり、必死です(笑)
最初は子どもと一緒にいることが楽しく感じていましたが、途中からしんどいなあと思うことも現実はやっぱりあって。
それ以来、良い意味でいろいろ「あきらめる」ようになったかなと思います。TVを長時間見せてもまあいいや、ご飯もたまには簡単でもいいや、という感じで完璧にすることで自分を縛り過ぎないようにしています。―

 

 ▼仕事中の戸倉

―ずばり、両立のポイントは見つかりましたか!?

―工夫していることは、夫婦で外せないMTGを共有して極力被らないようにするとか、数日分のスケジュールを自分・妻・子どもの分含めて管理し、自分のスケジュールで調整可能な範囲は事前に抑えておいたりしています。うちは共働きで、お互い在宅勤務をしているので妻とスケジュールを共有し合うことでどちらかに両立の負担が偏らないように意識しています。
あとは、週末にご飯の作り置きをしたり、前述していますが、レトルトやデリバリーなども上手く活用しながら一生懸命になりすぎないこと。長い在宅勤務の中では、意識的にゆとりを持つことも大事なことだと思います。―

 

―在宅で両立をしたことで、新しく芽生えた考え方とか、気づいたことがあれば教えてください!

―会社のメンバーに言われて思ったのは、「人生で子どもとこんなに長い時間を一緒に過ごすことは一生無い」ということです。
この在宅の時間はある意味自分にとってとても貴重な時間であると感じました。そう思ってからは、仕事の優先度を考えたり割りきることも増えましたね。
仕事も子どもも家事も当たり前ですが全部大切です。その中でも、「一生懸命になり過ぎない」「あきらめる」「頼む」を上手く取り入れながら引き続き、両立していこうと考えていますし、社内のメンバーに対しても両立のコツの参考になればいいなと思います。―

 

▼夕方の散歩風景

全て自分で完璧に!と思うと、気が張っちゃうこともありますよね。
完璧を求めすぎず、全て自分だけでやろうとせず、良い意味で「あきらめる」ことで自分たちのペースで仕事と家庭の両立をしていくということが継続する上で大切なことなのかもしれません。
(それにしても写真が可愛くて癒されました。)

第二弾の在宅パパブログも近日公開です、お楽しみに!

 

佐藤 千晶
佐藤 千晶

D2C R 人事部 HRチーム責任者。2012年新卒でD2Cに入社、営業本部に配属。主にコンテンツプロパイダー向けの企画提案に従事。 2013年D2C R設立時に参画。以後、AEとして顧客のアプリマーケティング支援を4年ほど経験したのち、2016年人事部を1名で立ち上げ。事業とともに並走して変化していく攻めのHRチームをつくっていきたい。筋肉痛になることが好き。

RELATED
RANKING
PAGE TOP
canvas