Member 2021.03.11

【チーム紹介】コミュニケーションデザイン部編

渡邊 竜三

渡邊 竜三

ツイート シェア はてなブックマーク

こんにちは!人事の渡邊です。
気づけばあっという間に3月ですね。暖かくなると同時に花粉の時期が到来。
幸いにも在宅が中心なので、例年に比べてひどくはならなそうです。(念のため医者には行きました)

さて、今回はチーム紹介記事第4弾。コミュニケーションデザイン部のチーム紹介について書いていきます!

[Profile] 渡邉 千波(左)
2014年度4月、D2C新卒入社。入社後CCI出向、電通出向。
デジタルマーケティングプランナーを経験し、2020年4月D2C R出向。
現在、コミュニケーションデザイン部に所属し、クライアント様の全体戦略を考え、
日々考え、データとも格闘中!
趣味は嵐。休止中のため新しい趣味探し中。

[Profile] 樋口 瑶子(右)
2018年度4月、D2C新卒入社。
入社後はメディアプランナーとしてクライアントの課題解決に向けて日々業務にあたっています!
2020年4月D2C R出向。現在は、コミュニケーションデザイン部に所属。
WEB広告にとどまらず制作・データも勉強中です。
好きなものはミッフィーちゃんと焼肉。この2つのためならどこにでも行きます!

コミュニケーションデザイン部ってどんな雰囲気?

渡邊
お疲れ様です!
チーム紹介第4弾で、コミュニケーションデザイン部についてインタビューさせていただきます!

渡邉 樋口
お疲れ様です!
ついに私たちのチームがインタビューされるんですね、よろしくお願いします!

渡邊
ではさっそく…。
D2C Rには様々な職種・チームがありますが、コミュニケーションデザイン部の特徴とは、ずばり何でしょうか?

渡邉
若い子が多く、和気あいあい。この表現が一番しっくりくると思います!
1年目や中途入社したての方も多く、樋口は3年目ですが、お姉さん的存在です。若いのにしっかりしている笑

樋口
確かに若い子が多く、和気あいあいとしています。
今は、在宅がベースなのでわいわいしながら仕事ができないのは寂しいです。

渡邉
確かにそうだね~。話す時も形式ばった感じは一切なく、仲良くフラットな関係でコミュニケーション取ろうよ!という空気感はあると思います。

樋口
マネジャーがフラットな関係を大切にしている影響もあるのかなと。
若い子が多い分、変に気を遣って話せない状況を作りたくないなと思っています。

渡邊
在宅で直接会えない苦労があると思いますが、何か工夫して取り組んでいることはありますか?

渡邉
最近Discordを導入したんです。業務に余裕がある際や夕方などに
メンバーが自由にログインをして、案件の質問をしたり、息抜きにちょっとした雑談をしたりなどよりコミュニケーションが取りやすい環境を作っています!
※Discordとは?:無料で使用できるボイスチャット※詳細はこちらから(Wikipediaより)

樋口
あとは、定期的に行っているチーム会でしょうか。
コミュニケーションロスが起きないように、意図的に話す機会を作ることはいい考えだなと思っています!

せっかくなら楽しもう!?

渡邊
若い方が多いチームと話がありましたが、どんなキャラクターの方が多いですか?

渡邉
うーん、キャラクター的には真面目ではないと思います笑
いい意味でですよ!実はチームコンセプトが「頑張るなら楽しくいこうぜ」なんです。今のチームにはピッタリのテーマです。

樋口
確かに今のチームを表現するには、しっくりくるコンセプトです。悩んでいるくらいなら楽しく仕事しようぜ!って。
もちろん仕事では悩むこともあるので、何でも楽しくという訳ではないですが。

また、最後までやりきろうという考えも大切にしています。クライアントワークになるので予期せぬ事態が起きる時もありますし、社内外問わず多くのコミュニケーションが発生する中心にいるのでコミュニケーションも煩雑です。その中でもクライアントの求める結果以上を提供しようと考えているメンバーはとても多いと思います。

渡邊
チームコンセプトがしっくりきているっていいですね!
在宅環境下だと浸透させるのは大変だと思いますが、同じ方向を向いて仕事できているんだなと感じます。

渡邉
あとは、全体的に話すことが好きなメンバーも多いですね!
先ほどの話と重複しますが、社内外問わず多くの部署と連携しながら一つの案件を進めるため、関係各所が多くなればなるほどコミュニケーション量が増えます。
1人でもくもくと仕事したい。という方はあまり合わないかもしれないです!

樋口
確かに、話し好きは多いですね。
それ以外だと、チームのオススメポイントにもなりますが「いい意味でお節介な人は多い」です。単純に優しい、甘やかしているのではなく、しっかり教えてくれます。1聞くと10返してくれる人が多いですね笑
おそらく業務する上でつまずくポイントがみんな一緒なんだと思います。質問されたときに、きっと〇〇も分からないのでは?と思って+αで回答してくれます。


※せっかく記事に載るならとオンラインの良さを利用しこの1枚を撮りました(笑)

現在のやりがいと今後挑戦したいこと

渡邊
続いて仕事をする上でのやりがいについてお伺いさせてください!

渡邉
一番はクライアントからのオーダーに対し、自分の考えをしっかり形に落とし込んだプランニングが評価された時です。CPAだけで語らずに、例えばタイアップはこういう意味があって、この動画広告にはこう意味があってとしっかり伝えた上で、受注できた時はコミュニケーションプランが評価されたなと実感します。

樋口
私の場合は、自分が色々な所に介入して自ら積極的に行動をした結果、来期もD2C Rさんにお願いしたい。と言われる時ですね。やりがいでもあり、してやったりと密かに感じています笑

渡邉
もちろん私たち二人の考えなので、他にもやりがいを感じているメンバーは多いです。メンバーが共通して持っているやりがいは、クライアントに認めてもらえることだと思います。他にも代理店が数多くある中で、D2C Rを選んでいただける=認めてもらえたと考えているので。

渡邊
お二人に共通しているやりがいは、案件受注ができたタイミングだと思います。例えば受注が決まった場合、受注報告などチームですることはありますか?

渡邉
あります!そのうえ私は勝手に拍手しています笑
またチーム会でも「なぜ受注できたのか」と話題に上がることが多く、プロセスなどの質問を貰ったりします。しっかり振り返るタイミングにもなるので、いい機会だなと思います。

渡邊
ノウハウを蓄積し、次に活かすことは大切ですね。
色々お伺いさせていただきましたが、最後にお二人の今後やってみたいこと・目指してる姿を教えてください!

渡邉
2つありまして。1つ目が部署設立が浅いため、部署として目指す方向性の体現はまだできていません。
まだまだ部署として整理していかなければならないことは多くあります。D2C Rのコミュニケーションデザイン部としての立ち位置をしっかり明確にしていきたいです。

2つ目は、新しいことを積極的に取り組みたいです。
既存メディアの改善だけではなく、データ活用をした配信/分析やアプローチできていないファネルに向けての施策など、幅広い知識を身に付けて提案の幅を広げたいと考えています。今以上にクライアントに貢献できるビジネスパーソンになりたいです。

樋口
今以上にデジタルの知見を深めたいです。案件を動かす事に一生懸命になりがちですが、知見を深め、より価値のある提案ができるようになりたいです。そのうえで、コミュニケーションデザイン部だから〇〇な提案ができたというロールモデルを作っていきたいです。

渡邊
お二人とも力強い宣言ありとうございます!
本日は、お時間いただきありがとうございました。

あとがき

1時間ほどインタビューをさせていただきましたが、笑いあり、真剣な話もあり、お二人らしさを感じるインタビューでした。
新設の部署でありながら、同じ方向をメンバー全員が向きながら仕事ができている環境は、純粋にすごいなと感じました。

コミュニケーションデザイン部としての立ち位置を明確にし、どんな影響を与えていくのか。今後も目が離せません。

最後までお読みいただきありがとうございました!
次回のチームインタビューもお楽しみに!

ツイート シェア はてなブックマーク
渡邊 竜三
渡邊 竜三

D2C R 人事部 採用担当。 2015年新卒で人材紹介会社へ入社。企業の採用コンサル、キャリアアドバイザー、マネジメントを経験しD2C Rへ人事担当として転職。D2Cグループの新卒採用も兼任。最近ハマっていることは、高級食パンを食べること。

RELATED
D2CR recruit site
Wantedly
Canvas
Facebook

 

 

 

PAGE TOP
canvas