Culture 2020.10.30

【MVP受賞者はどんな人?! —2020年度第2四半期MVP受賞者にインタビュー 】

渡邊 竜三

渡邊 竜三

ツイート シェア はてなブックマーク

  

※イラストは、ソリューション部佐藤久実子さん作

こんにちは!人事の渡邊です。

今回は、先日発表された2020年第2四半期のMVPを受賞されました高尾さんに色々とお話を伺ってみたいと思っております!

…が、取材をお願いしたところ、いきなりのNG(苦笑)。さすがはMVP受賞者、さっそく天狗になって、お忙しいのでしょうか?

しかし、そこは私も人事のプロです。少しでも社内の雰囲気を皆様にお届けできるよう交渉に交渉を重ね、なんとかお顔を出さないことを条件に取材を引き受けていただけました!

ではでは、さっそく始めていきましょう!

 

■ストプラ所属の高尾さんはこんな人

 

こんにちは、高尾さん…って、あれめっちゃ髪の毛切ってるじゃないですか!?

あ、そうですね。BTSみたいになりたくて(笑)

 

※髪を切った高尾さんのイメージ画像

いやいや、たしかにK-POPっぽいですが…ロングヘアの個性的な方だと聞いていたのでびっくりですよ!
 ぜひ、このビフォーアフターをちゃんと写真でお見せしたいんですが、やっぱりお顔出しはだめでしょうか…?

しれっと上手い流れで持ってきますね。でも、いやですよ。

残念です。では、気を取り直して…今回はMVPの受賞本当におめでとうございます!
早速インタビューを始めていきたいのですが、改めて簡単な自己紹介からお願いできますでしょうか?

はい。ストラテジックプランニングチームの高尾です。
D2C Rに中途で入社して4年。趣味は音楽です。

なるほど、音楽がお好きなんですね。
やっぱりK-POPとかを聴かれるんですか?

 

あ、いえ、そこは全然(笑)。古い洋楽とか、民族音楽ばかり聴いています。

なぜその髪型に?(笑)

完全にその場のノリとテンションですね。

 

MVP受賞の理由とは?

ずばりお聞きますが、今回第2四半期MVPを受賞できた理由はどこにあるとお考えでしょうか?

うーん、やはり大きい企画を成功させたところでしょうか。
ここ2年くらい企画一筋でやってきたんですが、個人としてもやっと大きな成果を出せたと思いますし、会社にとっても今までに無かった内容の実績を作ることが出来たので。

あ、見ました!TikTokの企画ですよね? 

ですです。会社としてTikTok広告の販売に力を入れていたこともあって、メニューとして提案していた回数は多いと思うんですが、企画から全面的に制作して実施になったケースは初めだったので、そこが上手くハマって受賞に繋がったんだと思います。

たしかに人事部まで噂は届いていたので、かなりインパクトがある話題でしたね。

まぁ、広めたのはお喋り大好きな関西弁上司なので、ある意味では社内に影響力のある人が近くにいたから受賞できたっていうズルい側面もありそうですが(苦笑)

 

うっ、完全否定はできないですが…
上司も思わず人に話したくなってしまう面白い企画を高尾さんが実現したってことでいいのではないでしょうか?

そういうことにしておきましょ(笑)

■ストプラチームなのに企画一筋?

 

MVPの受賞理由にもある企画ですが、高尾さんはストラテジックプランナーってポジションですよね?
個人的にストプラって企画を考えるというよりは、全体戦略立案や、データ分析などを担当しているイメージなのですが…

僕も全く同じイメージですよ(笑)。
まぁ、もちろん企画まで考案するストプラも多いとは思いますが、僕の場合は完全に企画特化でやらせてもらってます。 

おぉ、そりゃまたどうしてですか?

単純に今現在で企画を提案できる機能を持ったチームがストプラしかなかったってのもあるんですが、僕が猛烈に企画をやりたいってのをアピールしたからだと思います。
ストプラチームに来る前は営業部にいたんですが、その頃から暇を見つけては企画書ばかり作ってまして。

 

つまり、企画者としての資質が認められたってことですね?

だといいんですが…。いずれにしても、物事をロジカルに考えるよりは右脳全開で面白いこと考える方が断然得意ですし、同じチームのメンバーもそこは認めてくれています。
だから、ストプラチームでも企画担当として動けている感じですね。

 

■入社当初の葛藤

 

得意領域のお話が上がりましたが、是非その辺りを詳しくお聞かせいただけないでしょうか?

唐突ですね(笑)

すみません…でも、中途で入社された方がどうやってMVP受賞まで成り上がったかって転職希望の方からすると気になるところかと思ってまして。

いやはや、さすが人事ですね。そのマインドがあれば十分成功すると思いますよ(笑)

ありがとうございます。私もこのマインドでMVP目指します(笑)
ちなみに高尾さんは入社からどんなマインドを持ってお仕事されていたんでしょうか?

いやー、正直めっちゃ恥ずかしいんですけど、web広告代理店の業務がなんなのか全く理解していなかったです。
なんていうか、総合代理店とかPR会社とか、プロモーションに関係する業種が全部ごっちゃになってましたよ。
だから、入社したてのころは色々イメージとのギャップがすごくて、仕事にマインドなんて持ってられなかったですね。

 

おぉ…それはまたすごいですね。

特に、web広告って成果がしっかりと分かるじゃないですか。
そうなると当然、事前の試算とか数字回りの考え方が必須になってきて….。
僕、小学校で算数挫折してるので、数字的思考が本当にきつくてしんどくて…。

たしかに広告系って結構華やかなイメージありますよね。
でも、そこから数字じゃない自分の得意領域を見出せたってことですよね?

そうですね。数字は全然ダメだったんですが、クリエイティブ方面で活路を見つけることが出来たのが救いでした。
ちょうどその頃、広告業界にも実績数値だけじゃなく、バズらせて一撃ホームランを狙うみたいなやり方が台頭してきた時期だったので、僕の考えた面白広告が一定の成果を生んだりとか、この業界でも自分のスキルが生かせるってわかってからは、そこを得意領域に置いて勝負しています。

なるほど、その考え方が今の企画担当のベースとなっているわけですね。

そうですね。多分、今も考え方の根底は変わってないと思います。

 

■今後の挑戦

入社直後の苦難の時期からMVP受賞まで駆け上がってきたわけですが、今後挑戦してみたいビジョンなどありますか?

うーん、まだ今の業務を回すことで手一杯で、当面はいただいた与件に全力でお応えすることが第一になるとは思うんですが…空いた時間なんかを使って、色々な技術者や制作会社の方のお話を聞いてみたいですね。
多分、僕がまだ知らない技術で、プロモーションと絡めたらめちゃくちゃ面白くなる物ってたくさんあると思ってまして。
最近だと普通になりつつありますが、AR技術とか最初に広告に持ってきた人すごいと思いませんか?

たしかにそうですね!また、壮大なビジョンをお持ちでわくわくします。
そして、ぜひ実現させて、またインタビューさせてください!

 

■最後にメッセージ

最後になりますが、この記事を読んでくださってる皆さんに何か一言お願いできないでしょうか?

またすごい振りしますね(笑)

 

お願いします! 

難しいことも多い業界ですが、その反面で自分の得意なこともたくさん活かせる業界です。
もしなにかに挑戦してみたいとお考えでしたら、是非D2C Rにお越しください。
また、D2C Rでは現在もたくさんの専門知識を持ったメンバーが働いています。なにかお困りの案件などありましたら、お気軽にご相談ください。

ありがとございました!それでは最後に掲載用のお写真を一枚!

いやです(笑)

 

あとがき

高尾さんありがとうございました。

最後まで隙が無くお顔出しは叶いませんでしたが、面白い内容をお届けすることができたのではないでしょうか。

今後もHRチームより、D2C Rの魅力をたくさんお届けしますので、お時間あるときにまた覗いてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

渡邊 竜三
渡邊 竜三

D2C R 人事部 採用担当。 2015年新卒で人材紹介会社へ入社。企業の採用コンサル、キャリアアドバイザー、マネジメントを経験しD2C Rへ人事担当として転職。D2Cグループの新卒採用も兼任。最近ハマっていることは、高級食パンを食べること。

RELATED
RANKING
PAGE TOP
canvas