Member 2020.09.11

D2C Rリファラル採用インタビュー Vol.1

萩原 良太

萩原良太

ツイート シェア はてなブックマーク

こんにちは!
D2C Rの萩原良太です。

残暑が続き、台風が連続して発生したりと天気が不安定なこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?
さて!本日は弊社で取り組んでいる「D2C Rのリファラル採用事例」についてお話ししたいと思います。

リファラル採用とは社員から人材の紹介を受けたり、人材を推薦してもらったりして実施するものを意味します。
D2C Rのリファラル採用に関する取り組みはこちらの記事も要チェック!

D2C Rには過去にリファラル採用で入社してくれたメンバーが多数おります。
そこで、D2C Rのリファラル採用事例を社員へのインタビュー形式で紹介させていただきます。

今回はこの二人にご協力いただきました!

【紹介した社員Profile】コウ カカ(左)
ストラテジックプランニング部 所属。
中国出身、第二の故郷はつくば。日本に来て今年6年目。
大学卒業後、中国で日系広告代理店に就職し、主に自動車のマーケティング業務を担当。
その後、筑波大学大学院に入学し、卒業後にWebの専業代理店で運用担当として2年間従事。
2019年にD2C Rに入社し、運用部を経て、現在はストラテジックプランナーとして勤務。
趣味はゲーム、音楽鑑賞、料理、読書などで、ビジネスポリシーは「趣味のために働く」

【紹介された(入社した)社員Profile】清家 隆弘(右)
メディア本部 運用部 所属。
愛媛の片田舎から大学で埼玉へ。そのまま東京で就職し、はや10年。
人生を迷走しつつなりたい自分になるために転職を繰り返してきた結果、Web広告に出会う。
分析や仮説を立てるのが好きだったこともあり、広告運用という道を進むことに。
そしてもっと幅広い知見や経験を求めるため、2020年にD2CRに入社。
現在は運用担当として、日々奔走中。座右の銘は「足るを知る」

 

■お二人の関係を教えてください。


【紹介した社員】
コウ カカ
清家さんは前職の先輩で、新卒一年目の時に広告運用のイロハを教えていただきました。
入社して半年後にチーム別々になってしまいましたが、いつかまた一緒に仕事をしたいと思える方です。

【紹介された(入社した)社員】清家 隆弘
仲が良かったかと言われると、良くも悪くもなかったです(笑)
ただ、カカはバイタリティがあるし、新しいことにどんどんチャレンジするし、いろんな事を知ってるし、単純に「凄いやつだな」って尊敬はしてました。

 

■なぜ清家さんをD2C Rに誘おうと思ったのか教えてください。


【紹介した社員】コウ カカ
一緒に仕事していた時、広告運用に対しての考え方が近くて、もし新しい会社でも一緒に仕事できると絶対楽しいだろうと思ってました。
あとは本当に人柄もよくD2C Rにすごく合うと思い、誘ってみました。
正直誘うまでにそんなに深い話もしていなかったので、誘う時はかなり勢いでしたね。
ドン引きされたらどうしようと思いまして!(笑)
でも結局ちゃんと話を聞いていただけて嬉しかったです。

 

■D2C Rに誘われてどう思ったのか、なぜ選考を受けようと思ったのかを教えてください。


【紹介された(入社した)社員】清家 隆弘
一言でいうなら熱意です。そこまで言うなら受けてみるかって感じでした。
会社の話で言うと、社員の人たちがめちゃくちゃ良い人だよってことと、手を上げた社員にチャンスをくれて評価もしてくれるという社風だったのが大きかったです。
当時、いろんなことをやって経験値を増やしたいってのもありましたし、誰と働くのか?というのが、自分の会社を選ぶ軸として大きかったので。

あとカカとの個人的な話でいうと、一緒に働きたい!って言ってくれたのは大きかったですね。
どこまでホントなのかはわからないですが(笑)、これは純粋に嬉しかったです。
カカは良くも悪くも白黒がはっきりしてるタイプだし、言いたいことをズバズバ言う性格なので、そういった意味では信頼してました。

また選考を受ける前に運用部のマネジャー2名との会食の機会をもらい、D2C Rの紹介や自分の経歴を話しながら、自分のやりたいことや社風がマッチしていることが分かって選考意欲が高まりました。

 

■選考を受けてみてどうだったか、選考中の状況やD2C Rへの印象を教えてください。


【紹介された(入社した)社員】
清家 隆弘
「人の良さ」というのをめちゃくちゃ感じましたね。正確には「人を大切にする会社だな」と痛感しました。
面接の際、今後どんな会社にしたいですか?って質問したときに、「今の若手が50歳・60歳になっても活躍できる場を作ってあげたいし、活躍できるように成長できる会社にしたい」って言ったのがとても印象に残っています。

もちろん人の良さを感じたのはここだけではないのですが、D2C Rの求める人物像の中に「誰かのために働ける」ってあるんですよね。これは入社前も、入社後もまさにその通りの人たちばかりだなと感じます。

 

■再び同じ会社の仲間となってどうか教えてください。


【紹介した社員】
コウ カカ
そうですね。前は先輩という感じが強くて、今も尊敬な先輩だということは変わりがないんですが、昔よりはもっとフランクに話せるようになったと思いますね。
あとはやはりめちゃくちゃ心強いです!

【紹介された(入社した)社員】清家 隆弘
先輩・後輩の立場が入れ替わったので戸惑いました(笑)
というのは冗談で、純粋にワクワクしましたね。

一緒に働きたいと言ってくれてたのもあったし、凄い人だなと尊敬してたのもあったので、 またカカからいろんなことを吸収できるなと思ってます。
実際、カカは入社して半年も経ってないのにめちゃくちゃ活躍していて、 ちょうど私が入社した月にMVPを獲っていたのでカカの顔に泥を塗らないように頑張んなきゃなって、ケツを叩かれた気分でした(笑)

 

■紹介する側としてリファラル採用制度に関する感想を教えてください。


【紹介した社員】
コウ カカ
自分が一緒に働きたいと思える人を誘うことができるのは良いと思います。
自分で働く環境・チャンスを作られるところが魅力的ですね。

 

■紹介されて入社する側としてリファラル採用制度に関する感想を教えてください。


【紹介された(入社した)社員】
清家 隆弘
転職サイトや転職エージェントでは知ることのできない会社の生の情報を選考前に知ることができるという点が非常に良いです。
それによって会社との距離感をつかみやすいので入社後のミスマッチを防げると思います。
また、信頼できる人からの紹介だから安心感がすごくありました。

 

■まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
今回は前職で一緒に働いていた信頼できる仲間をリファラル採用で誘い、また改めて同じ会社で働くという事例をご紹介しました。
ちなみに余談ですが、リファラル採用では紹介頂いた方が入社すると紹介者に10万円が支払われます。
コウさんは支給されたお金でソファーとテレビ台を買ったそうです!

弊社では他にもリファラル採用で入社し、活躍しているメンバーがおります。
今後もリファラル採用事例として社員インタビューをしていきますので、紹介する側される側のリアルな心情や行動を紹介し、リファラル採用をもっと身近に感じていただければと考えております。

萩原 良太
萩原良太

株式会社D2CR人事部採用担当。2014年 新卒で広告代理店へ入社し、営業に従事。2018年 D2C Rへ中途入社し、営業として約2年間ゲームクライアント担当を経て人事部へ参画。海釣りとホームパーティが趣味。

RELATED
RANKING
PAGE TOP
canvas