Culture 2020.08.14

今日のAZS!#6

萩原 良太

萩原良太

ツイート シェア はてなブックマーク

こんにちは!
D2CR人事の萩原良太です。
社員同士で感謝や賞賛の気持ちを送り合うことができる【AZS!(あざす!)】
今回は、実際にAZS!を送った第2営業本部スゴ得営業部の2人にオンラインで聞いてみました!

※AZS!#1~5はコチラ

 

[送った人Profile] 小切山(左) 
第2営業本部スゴ得営業部マネジャー 2010年に新卒でD2Cに入社して、営業に4年従事した後、D2CRに異動後すぐにNTTドコモへ4年間出向しコンテンツ取り放題のサブスクリプションサービス「スゴ得コンテンツ」の運営を経験。2019年より現職にて事業拡大に注力している。趣味はゲームとペットの猫と遊ぶこと。リモートワーク中は会議に猫が乱入したがることが一番の悩み。

[もらった人Profile] 田中(右) 
第2営業本部スゴ得営業部 スゴ得コンテンツにおけるプロモーション提案、新規商材の開発や新規事業の企画・新人教育を担当。新規商材の企画が通り、今年からプロダクトマネジャーとして精進中。インドアもアウトドアも好きで、オンラインゲームとスノボーとダンスとアニメ/漫画が特に好き。自粛期間中はオンラインゲームが捗っている。

 

このAZSを送った背景を教えてください。

[送った人]  小切山()

チームで2020年度4~6月期の営業結果を振り返る会議を行ったのですが、その会議の資料を手伝ってくれたこと、一部メンバー向けのプレゼンを担ってくれたことに対してAZS!しようと書き始めました。
ただ、書き始めたら日ごろの感謝の思いが溢れてきてしまって…(笑)

田中くんはチームでは率先してKPI達成に向けた営業施策の立案や、野心的なOKR設定・推進など様々な取り組みをアグレッシブにリードしてくれています。
そんな活動に対して、「いつも感謝しているよ」も表現したいし「田中くんは頑張っているよと社内の皆にもわかってほしい」と欲が出て、思いのままに盛り込んで送りました。

 

このAZS!をもらってどう思ったかを教えてください。

[もらった人]  田中()

嬉しかったです。2、3回見直して1人ニヤニヤしてました(笑)
今年からOKRの策定主導から実際の運用・管理まで任せて頂き、試行錯誤しながら取り組んでいた四半期でした。

自分にとって初めてチャレンジで、ダメダメだなと思うことの方が多く、反省が多かった3ヵ月だったと思っています。
そんな中でのAZS!だったので、自分がやっていることが意味あること・誰かの為になっていることだと実感できたのが嬉しかったです。

 

AZS! ぶっちゃけどうですか?

[送った人]  小切山()

送られた人が嬉しいのはもちろんですが、送る人も嬉しくなる取組だと思っています。
特に送る側としては、社内の人たちからの拍手が嬉しいです。
社内のみんなに知ってほしい」といった想いも込めてAZS!することが多いので、見てくれた人たちが拍手を送ってくれると「知ってくれたんだな」と思い嬉しくなります。

[もらった人]  田中()

字として起こすことで、感謝の気持ちが形に残ることが良いなと思います!
辛い時に、過去にもらったAZS!を読み直して自分を鼓舞したり、意味なく見直してニヤニヤしたり(笑)

それと、会社の他のメンバーにも見てもらえるところも良いなと思ってます。
私の所属するチームはチーム内で完結する業務が多く、自分達の業務が他の部署の方が知る機会はどうしても少なくなってしまいます。
自分がやっていることが、新人から上の人を含めた会社全体に、感謝の言葉という形で見てもらうのはすごく良い機会だと思っています。

コロナ禍でのリモートワークはどうですか?

[送った人]  小切山()

コロナ禍になる前の2019年10月から社内でテスト的にリモートワーク制度が始まっていたことから、すんなりリモートワークに移行出来ました。
最初こそルール決め等でバタバタしましたが、会社の補助もあり自宅での仕事環境も出来上がった今では支障も無くなっています。
 一方でリアルなコミュニケーションの大切さを改めて実感する期間にもなりました。
飲み会やランチ等のコミュニケーション機会を今後はさらに大切にしたいと思っています。

[もらった人]  田中()

導入当初はすごく戸惑いました。
仕事する為の部屋になっていないので、なかなか仕事に集中し辛かったり、作業効率が落ちたり。
僕は仕事とプライベートの切り替えを場所の移動で頭のスイッチを切り替えていたので、そこに慣れるのが大変でした。

仕事とプライベートの切り替えは慣れてきてしまえば問題なく、今では大嫌いな通勤に時間を割く必要がないというのはすごく良いですね!

 

D2CRってどんな会社ですか?

[送った人]  小切山()

社員を先入観なくフラットに見ようとする気風で、その上で社員同士がお互いに良いところを探そうとする文化の会社です。
特にそれを感じたのは、私が出向から戻ることになった際。
4年も出向しており知り合いもほとんどいなかったのですが、様々な人が温かく楽しく接してくれたおかげで「戻ってきて良かった」と思えました。

[もらった人]  田中()

他の社員も言うことが多いと思いますが、みなさん優しい人が多いなというのが一番の印象です。
もちろん仕事の中で言い合ったり、怒られたりすることもたくさんありますが、そういう中にもその人の成長とか将来を考えている人が多く、楽しんで仕事をする・成長していきたい人には良い環境だと思ってます。

 

AZS!:
日々の身近な人への感謝や賞賛の気持ちをポイントに変え、気軽に社員同士で送り合うことができる。チームを超えたコミュニケーションの活性化を図っている。
※AZS!導入の目的、文化が生まれた背景はコチラ

萩原 良太
萩原良太

株式会社D2CR人事部採用担当。2014年 新卒で広告代理店へ入社し、営業に従事。2018年 D2C Rへ中途入社し、営業として約2年間ゲームクライアント担当を経て人事部へ参画。海釣りとホームパーティが趣味。

RELATED
RANKING
PAGE TOP
canvas