Culture 2019.11.22

リフレッシュ休暇

佐藤 千晶

佐藤 千晶

ツイート シェア はてなブックマーク

こんにちは。人事の佐藤です。
今回はD2C Rのリフレッシュ休暇制度について、社内でどのように活用されているか紹介したいと思います!

リフレッシュ休暇とは?

「1年に1回、入社日の1年後から最大5日間の連続休暇を毎年取得することができる制度」です。

前後の土日と合わせると9日間の連休となるので、旅行などでリフレッシュする社員が多い印象です。
社内でも「今年のリフレッシュもうとった?リフレッシュ何するの?」とリフ休(社内の通称)に関わる会話が多く交わされているので、カルチャーとしても浸透している制度の1つかなと思います。 

実際のリフレッシュ休暇の使い方について、社員にアンケートをとってみました!

Qリフレッシュ休暇の使い方は?

 

やはり旅行に行く人が多いようです!9連休だと長期旅行の計画も立てやすいですよね。
ちなみにわたしもリフレッシュ休暇は毎年旅行に行っています。社会人になってから海外旅行にハマった社会人デビュータイプ。ベトナム、バリ、ハワイなどなど海辺でリフレッシュしていることが多いです。

(私の話はどうでもいいのですが)、ではD2C Rメンバーはリフ休の時どの国に行くことが多いのでしょうか。

Q.リフ休の時に行ったことがある国は?

1位アメリカ 2位タイ 3位韓国でした!
上位3位が圧倒的に票を獲得していて人気の国のようです。ハワイやピピ島でのんびりしていた話や、韓国でショッピング三昧だった話などは確かによく聞きます。みんな日常から離れてエンジョイしている様子です。

では国内はどこの地域が人気なのでしょうか。

Q.リフ休の時の国内旅行、行ったことがある地域は?

このような結果になりました!北海道と沖縄の2強ですが、今年は沖縄に行っている人がとても多い印象。
ちなみに人事の常世田くんも今年のリフ休は沖縄に行くようです。うらやましいのでリフ休中は意識的にたくさん業務連絡をしようと思います。(うそです。ゆっくりしてきてください。)

最後にリフ休の取得時期について。
取得時期が自由なのがリフ休の特徴。チームメンバー内で共有・調整しながら各自で設定して良いルールとなっています。

D2C Rメンバーはいつごろ取得するケースが多いのでしょうか。

Q. リフレッシュ休暇の取得時期は?

秋・冬が人気!夏休みシーズンはどこも混むので、少し時期をずらして取得する社員が多いみたいですね。
春は年度の始まり、終わりということもあってか、取得する人は年間を通じてもかなり少なくなっているようです。

以上、リフ休のプチアンケート結果でした。

ありがたいことに、D2C Rのメンバーはいつもたくさんアンケートに答えてくれるので今後も社内の制度や雰囲気ができるだけ伝わるように、社内のアンケートを公開していきたいと思います。

 次回もお楽しみに!

佐藤 千晶
佐藤 千晶

D2C R 人事部 HRチーム責任者。2012年新卒でD2Cに入社、営業本部に配属。主にコンテンツプロパイダー向けの企画提案に従事。 2013年D2C R設立時に参画。以後、AEとして顧客のアプリマーケティング支援を4年ほど経験したのち、2016年人事部を1名で立ち上げ。事業とともに並走して変化していく攻めのHRチームをつくっていきたい。筋肉痛になることが好き。

RELATED
RANKING
PAGE TOP
canvas