Culture 2021.01.20

岡さんがゲストとして参加しました!

渡邊 竜三

渡邊 竜三

ツイート シェア はてなブックマーク

こんにちは!人事部の渡邊です。
気づけば、1月もあっという間に中旬ですね。寒暖差が激しい日が続いておりますので体調管理お気をつけください。

今回は、2020年10月からスタートした「本間&武山のちょっとお時間いいですか?」について記事を書いていきます!
個人的には、コロナ禍におけるリアルなコミュニケーションが減る中、D2Cや、各グループ会社の事業や今後の方向性、ゲスト出演された方々の意見等、様々な内容が聞けるためとても良い機会だなと思っています。
また、配信形式なので気軽に参加できる点もオススメです!

※本間&武山のちょっとお時間いいですかとは?※
10月からスタートした、毎週水曜日にD2C グループ全社員に向けたオンライン配信になります!
お昼12時~1時間ほど、本間さんと武山さんが進行をしながら、様々なゲストをお呼びしてトークをしています。

グループ会社のイメージソースが企画開発をしたオンライン配信システムを利用して、毎回社内にあるグリーンバックのスタジオからリアルタイムに配信しております。
本来であれば、ゲストの方は東銀座のスタジオから中継で実施予定でしたが、コロナの影響も今回ゲストの方はリモート参加となりました。

※イメージソースのオンライン配信事例はこちら→https://www.imgsrc.co.jp/work/d2cgroup-generalmeeting/

 


司会進行を務める本間さん:株式会社D2C 統括執行役員(左)と武山さん:株式会社D2C 執行役員(右)

 

1月13日(水)の回に、株式会社D2C 荒田さん(株式会社D2C ドコモ広告事業本部長)と我らがボス、岡さんがゲストとして参加しました!
岡さんが話した内容をまとめましたので、参加できなかった方や改めて確認したい!という方は、お時間ある際にお読みください。

 

2021年取り組みたいこと

[岡]
1つ目は、グループ間シナジーを今以上に生むことで、クライアントの根底にある課題まで解決できるようになりたいですね。
各会社、各部門向き合っているお客様は違うかもしれないが、共通課題や市場課題はあり、一緒に組むことで解決できることも多いと思うんです。
グループスローガンにも「WE PRODUCE」とあるように、案件ありきの話ではなく、より深い部分まで入り込んでいきたいと思っています。

2つ目は、マーケティングやクリエイティブの人達に、光があたるカルチャーを作りたいです。
広告代理店や制作会社などがグループ会社にできたこの7年~8年で、マーケティングやクリエイティブの領域が増え、そこに携わる人も増えました。ドコモのキャリアメニューを中心にD2C は成長してきた歴史があり、それがカルチャーのベースになっていますが、マーケティングやクリエイティブに適したカルチャーもあった方が良いと思います。プロデュース領域はそこが主戦場だし、マーケティングやクリエイティブに関わっている人達に光があたるような風土を今以上に作っていきたいです。

3年~5年かけてD2Cグループをどのようにしていきたいか

[岡]
マーケティングの会社、クリエイティブの会社としっかり認知をされるようになりたいです。D2Cグループにお願いをしたら、マーケティング、クリエイティブに関してワンストップで解決をしてくれるんだと。グループがまとまった時に出せるパワーがあると思うので、今後はマーケットにしっかりと伝えていきたいです。

また、年齢とかに関係なく、成長し続けるカルチャーを全体的に作っていきたいと思います。

トークの最後には、社員からの質問に答えるコーナーがあり、ライトな内容から真面目な質問まで社員から集まります。
今回は、「朝食は食べたほうがよいですか?」といただき、みなさんの朝ごはん事情も交えて回答いただきました!

※告知※
今月最終週の1月27日(水)12時~の回は、人事チームの長である千晶さんが登場予定です!
いったいどんな話しをしてくれるのか、今から楽しみですね~!
(最近人事内では、家電の話をよくするので、最近購入して良かったと思う家電ランキングなんてトークテーマだと一層気合が入りそうだなと・・・)

ぜひ、お時間ある方は、お昼を食べながら視聴をお願いいたします!

渡邊 竜三
渡邊 竜三

D2C R 人事部 採用担当。 2015年新卒で人材紹介会社へ入社。企業の採用コンサル、キャリアアドバイザー、マネジメントを経験しD2C Rへ人事担当として転職。D2Cグループの新卒採用も兼任。最近ハマっていることは、高級食パンを食べること。

RELATED
D2CR recruit site
Wantedly
Canvas
Facebook

 

 

 

PAGE TOP
canvas